このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Check
関連カテゴリー: トップページ > 運営スタッフ雑記 >
この記事は平均2分51秒で読まれています。あとで読みたい人は、ここをクリックしてお気に入りへ保存。

東日本大震災復興プロジェクト「TRY復興3・11」への協賛企業として、お手伝いを始めました。

未曾有の被害をもたらした、あの東日本大震災からすでに1年以上が過ぎましたね。
被災した各地域の復興の状況はメディアで伝えられてきますが、筆者はじめ当サイトの運営スタッフのほとんどは西日本の人間なので、実際に現場を目にする機会があまりなく、正直なところ、現状がきちんと把握できていないかもしれません。
あくまでも各種メディアから得られる情報では、「まだまだ復興がままならない地域があるのではないか」と、そう感じています。

常々「何か協力できることがあれば」とは思っていますが、仕事もあり、実際に自分で体を動かして何かお手伝いをするという機会は正直なかなか取れません。
なので、筆者を含めた当サイトの運営スタッフは、各自の報酬から少しずつお金を出しあって、毎月赤十字に寄付をしています。

ですが、「自分たちのお金は何に使われたのか。本当に役に立ったのだろうか。」という思いはあります。
もちろん何かの役には立っているとは思うのですが、実感として感じることができないため、少しモヤモヤした気分はどうしても拭いきれません。

なので最近は、「実際に用途がわかりやすい寄付先はないものか」と、支援金の使いみちが明確な団体等がないかを探していました。

そこで出会ったのが「TRY復興3・11」という復興支援プロジェクトです。

今年(2012年)に入ってから始まったまだ新しいプロジェクトのようで、正直な話、最初は本当にきちんとしたプロジェクトなのか不安もありました。
ですが、何度かメール等でやりとりをしているうちに、プロジェクト運営スタッフさんの熱意を感じられました。
さらに、今後はメディアの取材なども決定しているようで、露出も増え将来性もあるのでは、と思いました。

そこで筆者たちも微力ながら何かお手伝いができればと思い、この5月より協賛企業として協力をさせていただいています。

現在の支援希望団体は3団体。自分で支援をしたい団体を選んで、個別に申し込みができる。

もし他にもご協力いただける方がいらっしゃれば、「支援プロジェクトの説明」をご覧くださいませ。
現在(2012年5月)のところ、支援先は3ヶ所となっています。
支援を希望している団体の詳細は、こちらのページで確認することができます。

筆者も実際に申し込みをしたのですが、残念ながらクレジットカードの利用については「少し不便だな」と思いましたので、次回はそのあたりも含め、支援の申し込み方法についての記事を書こうかと思います。
一人でも多くの方にご協力いただけることを、心から願っています。

続きの記事:復興支援プロジェクト「TRY復興3・11」に支援金を送った。

筆者の期待度:5

(2012年6月1日に書きました。By びりー@最安値探索スタッフ

dmy