このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Check

第4世代iPadにレザーケースを装着。アップル純正レザーケースは高いのでスルー。アマゾンで安くてイケてるのを買ったよ。

発売開始になってすぐの頃、注文したら意外にも翌日に届いてしまった筆者の第4世代iPad。
おかげで、到着初日はケースや液晶保護シートなしの状態に。急いでアマゾンで物色して即注文。iPad到着の翌日にケースと液晶保護シートも到着しました。

写真:第4世代iPadにレザーケースを装着
(JISONCASE iPad3/iPad2 レザースマートケース 全10色)

アップル純正のレザーケースが6,980円なのに比べて、このケースはなんと2,900円前後!(カラーによって多少価格が異なっています)
半額以下です!安いです!

ちなみに、商品タイトルには「iPad3/iPad2用」と書かれているんですが、iPad4でもピッタリとハマって、何の問題もなく使えています。
カバーの四隅にひっかかりがあって、そこにiPadの角を押し込むとガッチリ固定されます。
iPadを鞄の中に入れて振り回したとしても、ズレることはありません。(実験済)

ディスプレイの周辺まで覆ってしまわないところが気に入った。iPadの本体のカラーとのコントラストがクールかなと。

筆者がこのケースを見て最初に「いいなー」と感じたポイントは、「ディスプレイのまわりをケースで覆わないデザイン」だったことです。
アマゾンでiPadのケースやカバーを探せばとても多くの種類のカバーが見つかりますが、ディスプレイのまわりまでガッツリ覆ってしまうタイプのものも多いんですよね。
↓こんなタイプ。

写真:第4世代iPadケース(覆うタイプ)

この「覆う」タイプは、たしかに保護される部分は増えると思うんですが、なんだか「ニブイ」感じがしませんか?(笑)
「洗練されていない」と言うか、せっかくのiPadのクールさがなくなってしまうような感じがするんですよね。
液晶保護シートでも保護される部分だし、そこまでケースが覆う必要はないかなと思います。

ちなみに今回は、「白」の本体に「赤」のカバーということで、「おめでたい紅白仕様」にしてみました(笑)(壁紙もそれに合わせて「赤」を主体しています。)
こういった「遊び心」で買えるのも、やっぱり安価な価格のおかげですね。アップルの純正ケースだと、そんな気楽に買えませんから。

安いくせに、そんなに安っぽくない。けっこうイケてる「レザー感」もあるし、機能面でも文句なし。

「アップルの純正より安い!」ってことは、ありがたい反面、リスクもあります。
iPadのカバーにかぎらず、レザー系製品の安いやつは「いかにも安物!」「それレザーじゃないじゃん!」って感じで見えたりすることも多いじゃないですか。
筆者も正直なところ、このケースが届くまではその点が気になって、ドキドキしてました。

まあ結果から言えば、取り越し苦労でした。
もちろん高級品に見えるわけはありませんが、全然みすぼらしいことはありません。きちんと「レザー感」があります。

写真:第4世代iPadレザーカバーの裏面

そして機能面でもアップル純正品に比べて遜色ないと思います。
カバーを閉じたり開けたりすればきちんとスリープオンオフが切り替わりますし、カバーの裏面はマイクロファイバーになっていて、ディスプレイ部分を優しく保護してくれます。

もちろん、純正のカバーと同じように、カバーを折り曲げるとスタンドにもなります。
このスタンドもグラグラするような不安定なこともなく、意外としっかりしています。

写真:第4世代iPadレザーカバー(スタンド縦置き状態)

↑「置いて観る」ときは、立たせる方がイイ。

↓「操作する」ときは、寝かせる方が使いやすい。

写真:第4世代iPadレザーカバー(スタンド縦置き状態)

と、まあこんな感じで、けっこう気に入って使っています。
もちろんこのケースよりも安い商品もいっぱいありますが、筆者はこの価格とこの見た目、機能性には十分に満足しています!

iPad用 JISONCASE レザースマートケース

iPadの機種別の価格情報

dmy

筆者の満足度:5

第4世代iPad Retinaディスプレイモデル(通称iPad4?)を買いました。でもカバーや保護シートを同時に注文していませんでした。

2012年11月に新発売になった第4世代のiPad「iPad Retinaディスプレイモデル」を、思い切って買ってみました。
「iPad4」とも呼ばれ、3月に発売されたばかりの「新しいiPad(通称iPad3)」を、わずか半年で「古いiPad」に変えてしまったスゲーヤツです(笑)

写真:第4世代iPadを買いました

以前の記事でも書きましたが、iPad3を買った人は今回のiPad4の登場をどう捉えているのでしょうかね…
(過去ログ:iPad miniと第4世代iPadの製品番号(型番)を予想)
筆者であれば「アップル、ちょい待て!」と電話のひとつでもしたくなるかもしれません。

そんな怒りたくなっている方々には申し訳ない気持ちもあるのですが、iPad4はCPUが強化されてかなり魅力的に思えた上、さすがに「また半年後に新モデルの発表!」なんてことはないだろうと思い、これを機にiPadを買ってみることにしました。
今さらながら、初めてのiPad購入体験です(笑)

iPad4に搭載されたプロセッサは「A6Xチップ」と言って、アップルによれば「iPad3よりも最大2倍の高速パフォーマンス。しかもバッテリーの駆動時間はそのまま。」という、スゴそうなCPUです。
CPUのグレードアップは、なんとなく地味ですが、使用の際に受ける影響はかなり大きく、購入意欲を十分すぎるほどに煽る要因ではないかと思います。

ちなみに筆者が購入したのは「iPad Retinaディスプレイモデル Wi-Fiモデル 64GB ホワイト」(型番MD515J/A)です。
(正式名称を全部書くと、やたら長い感じがしますね…)

写真:第4世代iPad型番 MD515J/A

アップルストアでの価格は税込58,800円
(もっと安いところはあるかもしれません。価格比較はこちらのページで可能です。
グーグルの「Nexus」やアマゾンの「Kindle Fire」に比べると恐ろしいほどに高額ですよね…

でも、筆者も一応はインターネットをよく使うお仕事をしている立場なので、「iPadのひとつやふたつ持っていないことには、これからの話題についていけないんじゃないか」という恐怖感に似たものもあったので、買わざるを得なかったという点もありまして。

カード一括払いで!思い切っちゃいましたよ!

ま、これで半年後の来年(2013年)の春に第5世代のiPad5なんてものが発表された日には、アップルに文句の電話のひとつでもしてやります。

初めてのiPadは慎重に扱おう。当然、指紋のひとつも付けたくない。ということで、最初からついている保護フィルム(透明のカバー)は外さずに、セットアップを済ませました。

実は、iPadの本体は届いたものの、液晶保護シートや本体を保護するカバーなどはまだ手元にありません。iPad本体を注文をしたものの「発売されたばかりだから、届くまでに少し時間がかかるだろう」と思っていたんですよね。
なので「保護シートはまた別の日にゆっくり調べてから注文しよう」って思っていました。

ところがところが。
すぐに、iPad、キタコレ(笑)

ということで、これから急いでシートやカバーを注文しないといけなくなりました(汗)

しかし、「新しいものが来たら早く触りたい」というのが普通の人間。(たぶん)
初めてのマイiPadを、触りたくて触りたくて仕方がありません(笑)

でも、指紋を付けたくなかったので「液晶保護シートを貼るまでガマンガマン!」と頑張っていました。

ま、しかし。
早く触りたい願望に負けて、すでにセットアップは済ませてしまいました…(笑)
幸い、最初からiPad本体をカバーしてくれている透明のフィルムを付けたまま操作が可能だったので、そのまま触ってセットアップすることにしました。

写真:第4世代iPad 透明の保護フィルム

ただ、さすがにこのまま触りまくろうというのはさすがに気が引けるので、きちんとした液晶保護シートと本体カバーを買ってから、触りまくろうと思います。

明日の夜には欲しいので、今日の夕方に注文しても明日に間に合うところと言えば…
「アマゾンお急ぎ便!」ですね。(ちなみに筆者はプライム会員なのでお急ぎ便は無料です!)
ということで、今からアマゾンでiPad用の液晶保護シートと本体カバーを探して注文しようと思います。
(※追記:アマゾンでレザーケースを買いました。iPad 4に安いレザーケースを取り付けても安っぽくない!

筆者はアマゾンで、以下の2箇所を起点に探していく予定です。参考までに。
iPadオプション品の特集ページ
タブレットPCアクセサリの売れ筋ランキング

<今回の主役>
apple ipad4

アップル iPad

アマゾンのKindleも欲しいですね…

dmy

筆者の満足度:5

日本版”iPad mini”と”iPad Retinaディスプレイモデル”(第4世代?)の製品番号を、勝手に予想してみます。

日本時間の10月24日の朝っぱら、アップル社が「iPad mini」を発表したみたいです。
(Appleが片手で持てる7.9インチ「iPad mini」発表、10月26日より予約可能、11月2日発売:internet.com)

<今回の主役>
apple ipad mini

アップル iPad

アマゾンのKindleの方が安いので悩みます…

dmy

>>全文を読む【iPad miniと第4世代iPadの製品番号(型番)を予想】

トップページ > アップル
dmy