このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Check
関連カテゴリー: トップページ > 生活雑貨 >
この記事は平均2分25秒で読まれています。あとで読みたい人は、ここをクリックしてお気に入りへ保存。

そのまま立てられる。立つボールペン「スレンダ」

4月13日「NHKおはよう日本」の「まちかど情報室」のテーマは、「立つので便利です」でした。
「立つ」ことで利便性が良くなるアイデアグッズ。
その中で「立つボールペン」として紹介されたのが、「スレンダ」です。


スレンダはスウェーデンのグスタフイノベーション(Gustav Innovation)社製で、アルファベット表記では”SLANDA”。スウェーデン語で「トンボ」という意味らしいです。
ペンを立てた姿がトンボに似ていることが名前の由来だとか。
たしかにそう言われてから写真を見てみると、角度がトンボみたいな感じもしますかね(笑)

机に置くだけでスラッと斜めに自立静止。ペンスタンドいらずで使いやすい!

ボールペンは、机に平置きにしているとつかみにくい。しかし、ペンスタンドを机に置くスペースもない。
そんなもどかしい状況がけっこう多いような気がします。

スレンダは重心が下の方にあって、少しだけ角度をつけて机の上に置けば、そのまま自立静止します。
「書く→置く→また書く→…」という流れがスムーズにできるように、このデザインは緻密な計算によって設計されているそうです。

ペン先が机に触れて汚してしまわないかという不安もあるかと思いますが、大丈夫。
まちかど情報室の番組中では実際にスレンダを立てたところをズームアップした映像もあったのですが、ペン先は机から数ミリ離れていました
スレンダが自立静止しているときは安定しているようで、当たったとしてもくるくる回るだけ。
ガタガタ揺れてペン先が机に当たるといった心配もないようです。

さすがに「ガン!」と置くとうまく立たないかもしれませんが、慣れてくると本当に使いやすそうですね!

見た目のデザインも良く、贈り物としても喜ばれそう。ただし販売店が少ない様子。

機能性ばかりでなく、見た目のデザインもかっこいいなと筆者は思うんですが、いかがでしょうか?(笑)
カラーも4色ありますし、何より「ちょっと違う逸品」としての意外性や話題性もありますし、贈り物としても適しているのではないかと思います。

ただ、ヤフーショッピングや楽天市場、アマゾンで調べてみたところ、販売店がとても少ない模様です。
この記事を書いている4月13日現在では、テレビで取り上げられたことも影響してか、品薄の状態。
ですが5月には入荷予定というお店もありますし、このテレビの影響が薄れる頃には、それほど品切れで困る状況にはならないような気もします。

購入した際には、またレビューしてみようと思います。

筆者の第一印象での期待度:4.5

(2012年4月13日に書きました。By びりー@最安値探索スタッフ

dmy