このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Check
この記事は平均2分52秒で読まれています。あとで読みたい人は、ここをクリックしてお気に入りへ保存。

重労働が多い家庭菜園&ガーデニング。ミニ耕運機は救世主!?

今朝(4月23日)の「NHKおはよう日本」の「まちかど情報室」で、目が釘付けになった商品がありました。「ミニ耕運機」です。

近年、家庭菜園やガーデニングが流行し、取り組む方も増えているようです。
テレビや雑誌などではとても楽しそうに見えますし、「エコ」な感じや「オシャレ」な感じもして、「やってみたい!」という気持ちもわかります。
実はこの筆者も、2年前に妻と二人で市民農園を借りて家庭菜園にチャレンジしたことがあるくらいですから!(笑)


ですが・・・辞めていく人も多いんです。(筆者は1年で挫折しました。)
やっぱり、土いじりは重労働なんですね。

意気揚々として家庭菜園を始めてみたものの、いきなり壁にぶち当たったりします。
それが最初の「土ほぐし」です。

とにかく耕さないことには、家庭菜園は始められません。
固くなった土では、種を蒔いたところで意味がありません。

もちろん、これくらいはイメージできた上で取り組むんですが。
実際に耕してみると、軽く心が折れそうになりますよ(笑)

スコップやクワ→腰をかがめる。ミニ耕運機→腰をかがめない。

スコップやクワを持って、土を掘っては返して掘っては返して。
徐々に手はジンジンしてきますし、何より腰にきます。

ずっと屈んでいる状態って、若いころはあまり気にしなかったですが、かなり腰に負担をかけるみたいですね。
10分も耕せば、腰に鈍いような重いような、痛みにも似た感覚がでてきます。

耕されたことがある方なら、この何とも言えない腰の疲労感はすぐにわかってくれるはず!

そんな重労働でどちらかと言うと楽しくない部類に入る作業の土ほぐし。
これを劇的に楽しいものに変えてしまうんじゃないか!

このミニ耕運機を見た瞬間、そう思いましたよ。

力を入れて耕さなくてもいいのはもちろんですが、何より「腰をかがめずに作業ができる」というところが魅力的です。
腰への負担が全然違うと思いますよ、コレ。

女性でもカンタンに扱えるほど、小型で軽く、持ち運びがしやすい。

まちかど情報室のコーナー中では、女性が実際に使っている映像が流れていました。
見た感じからも、ホイホイ簡単にミニ耕運機を扱っていましたね。

調べてみると重さも3.6kgしかないみたいで、両手で使うものですから、女性でも苦にならない重さだと思います。

その他、使いやすさを追求した機能が満載。ほぐし方ひとつにもこだわりがある。

筆者がダラダラ説明するよりは、動画を見たほうが早いかもしれません(笑)

今年はもう市民農園の申し込みが終わっちゃいましたので、どのみち筆者はミニ耕運機を使う機会がないのですが、家庭菜園をやっていたときだったら間違いなく即決でしたね。
もっと早く出会いたかったなぁ・・・

筆者の第一印象での期待度:5

(2012年4月23日に書きました。By びりー@最安値探索スタッフ

dmy