このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 Check
この記事は平均4分56秒で読まれています。あとで読みたい人は、ここをクリックしてお気に入りへ保存。

スムージーはブレンダー(ミキサー)で作るもの。低速ジューサー(スロージューサー)で作るのは「果汁のみのジュース」。

cool smoothies!cool smoothies! / supersum (off)

先日、念願の日本大手メーカー製低速ジューサーがシャープから発売されました。
(過去ログ:シャープが低速ジューサーに挑戦!ジュースプレッソ)

かなり注目度が高い商品のようで、ジュースプレッソの記事には連日かなりの方が訪問してきてくれています。

多くはジュースプレッソの性能や価格を知りたい方のようですが、ちょっと筆者が気になったことは「ジュースプレッソでスムージーは作れるのか」といったニュアンスの検索キーワードが、意外に多いことです。

結論からお話しますと、ジュースプレッソではスムージーは作れません。
後述しますが、グリーンスムージー”のようなもの”は作れます。厳密に言えばちょっと違うらしい。)

ジュースプレッソで作れるものは、いわゆる「フレッシュジュース」で、「果汁の部分だけ」を絞り出したジュースです。
対して、「スムージー」とは、「果汁だけでなく繊維も豊富に含んだ飲み物」と定義されます。

また、ジュースプレッソだけでなく、ヒューロムスロージューサーなどの他の低速ジューサーでも、スムージーを作ることはできません。
(ヒューロムスロージューサーの価格比較などはこちらのページで。)

スムージーを作る場合には、低速ジューサーではなく、ブレンダー(ミキサー)が必要です。
もっとも有名なものでは「バイタミックス」になりますが、とにかく高いですけどね…
(過去ログ:バイタミックスの価格が高すぎる件)

(2012年10月25日追記)
バイタミックスは、販売店によってポイント還元率や特典に大きな差があるようです。
筆者が探してみた中では、「10%のポイント還元」と「約1万円近くの野菜が同梱」されているお店が、一番得なのではないかと思いました。
「ピカイチ野菜くん」(楽天市場店)

スムージーは繊維部分もまるごと入った飲み物。低速ジューサーで作るジュースは、繊維は取り除かれた状態。

そもそもスムージーという飲み物についてですが、ここ最近、女性芸能人のブログでスムージーが紹介されることが増えてきて、特に女性の間でどんどん人気が高まっているようですね。
その中でも特に「グリーンスムージー」と呼ばれるものが有名で、これはグリーン(ほうれん草やセロリなどの葉物野菜)とフルーツを混ぜて作られた飲み物だとか。

この「混ぜる」際にブレンダーを使うわけなんですが、なぜこれが低速ジューサーではダメなのか。

答えは「繊維が入っているかどうか」というところに関係があります。

スムージーには、野菜や果物の繊維部分(薄皮や葉っぱの筋など)もまるごと混ぜ込んで、それを摂取することで食物繊維を豊富に取り入れようという狙いがあるようです。

対して、低速ジューサーは「繊維を取り除いた、フレッシュでクリアな果汁ジュース」を作ることを目的としています。
なので、繊維部分はジュースとは別に排出され、ジュースと一体化はしていません。

また、回転が低速な上に、鋭利なカッターなどで細かく刻まれるわけではないので、後で繊維をジュースに混ぜたとしても、とても飲めるようなものではありません。

繊維部分を飲めるような状態にするには、鋭利な刃物で繊維を細かくバラバラにする必要があります。
コレができるのが、ブレンダー(ミキサー)というわけです。

ただし、低速ジューサーでもグリーンスムージーのような健康的な飲み物は作れる。場合によっては繊維がない方がいいことも。

ただ、低速ジューサーでも、グリーンスムージー作りの際と同じ材料を使って、健康的なジュースは作ることができます。
繊維が入っていないことは、逆に言えば「消化が良い」「消化器官に負担をかけない」ということにもつながり、病中病後など、消化器官が弱っている場合には、グリーンスムージよりも体に良い飲み物だと言えるでしょう。

また、ブレンダーは刃を高速回転させるために、どうしても温度が上がってしまいますし、酸素に触れる量も多くなって低速ジューサーに比べれば酸化が進みますので、酵素が減少したり、風味が落ちたりすることも考えられます。

なので、一概に「スムージーじゃないからダメだ!」ということでもなく、ブレンダーが良いのか低速ジューサーが良いのかは、「自分は結局どんな種類の飲み物を飲みたいのか」ということをしっかりと考えてから選んだ方がいいかと思いますね。

ブレンダーのパワーでスムージーの口当たりが変わって、おいしさが変わる。しかしバイタミックスは高いので、初心者は別なものでもいいのでは。

ちなみに、ブレンダーのパワーの強さによって、できあがるスムージーのおいしさは変わるようです。
一番人気はダントツで「バイタミックス」ですが、価格はかなり高め。
筆者の奥さんも欲しがっていたんですが、さすがにすぐに買えるような価格ではなかったです(苦笑)
(ちなみに、バイタミックスの価格比較はこちら。)

ただ、ブログなどを見てみると必ずしもバイタミックスでなければならないということもなく、あくまでも「おいしいスムージー」を追求するならパワーが強いに越したことはないという感じです。

他メーカー製を利用して作っている方も多いみたいなので、「これから初めて作ってみる!」という人は、「そこそこパワーがあって、その割にリーズナブル」なブレンダーを探してみてはいかがでしょうか。
(筆者はクイジナートのスマートパワーブレンダーに注目しています。)

(2012年7月2日に書きました。By びりー@最安値探索スタッフ

dmy